魂の鼓動が響く明石エイサー

明石エイサー祭り

盛況のうちに終わりました!

足を運んでいただいたみなさん、ありがとうございました。

参加いただいたみなさん、お疲れ様でした。

 

普段は約70世帯130人ほどの集落がたくさんの人に

溢れている光景にお祭りの魅力をとても感じる事が出来ました!

1955年の入植から62周年を迎えた明石集落。

沖縄本島の各地域から人が集まっていますが

読谷村楚辺のエイサーに統一されました。

八重山文化には本来エイサーはありませんでしたが

こうして60年も引き継がれた文化はこの地域の財産だと思います。

これからも明石エイサーに誇りを持って受け継いでいってほしいと思います。


明石のエイサー祭りを始め野底つぃんだら祭り、

人魚の里星野夏祭りと石垣市北部地域3大夏祭りの参加は

今年がもちろん初めてだったのですが予想以上に

どこも盛大で驚きました。

 

ウートートー(手を合わせる)をして祭りの無事と集落の繁栄を願います

 

明石食堂の店主さんもこの日はこちらへ。

 

伊原間の文雄にーにーはこちらでも大活躍

 

「みんながみんな英雄」を合唱する宜保和也さんとあかいし幼稚園、明石小学校のみんな

 

雨もパラつきましたが綺麗な夕焼けが祭りを彩ります

 

3大夏祭りのスタンプラリーも豊富な景品を用意していただき賑わいました!

 

明石集落出身の宜保和也さんライブ。会場を魅了します

 

スペシャルゲスト古謝美佐子さん。圧倒的な世界観でした

 

今年は例年以上の賑わいだったようです

 

最後はお客さんも交えてみんなでエイサーを楽しく踊りました

 

 

来年は今年の経験を活かして

さらに北部地域の事を広く知ってもらうのと

より繋がりを作れていければと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ